アニメっこねっと

アニメを見た自分の感想とネット上(Twitter等)の反応。

    カテゴリ:2014年秋アニメ > 四月は君の嘘

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #12  「トゥインクル リトルスター

    あああああああ きっと誰よりも、かをりこそがガラコンで公生と演奏するのを楽しみに楽しみに楽しみにしてただろうになぁ・・・・・・。

    二人で演奏できないの、悲しすぎるわ。

    なんか、EDも見てるだけで、切ない、やばい。

    でも、呪いマスク絵見とリンゴ飴幼女には癒してもらったけどな!!

    これより下はtwitterの反応まとめ
    【四月は君の嘘 第12話  うあああ、かをりが来ねええええええ!!!(感想)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #11  「命の灯

    幼い頃に公生の才能に気づいて、ピアニストにする事を公生ママに勧めてしまった紘子さん!

    公生を見つめる表情に温かさと、愛情と、複雑な想いが表れていて、存在感が凄く良い。
    今後も良い味をだしてくれそう。小春ちゃんも可愛かったし!

    で、最後はかをりと公生が良い雰囲気~と、思いきや。嫌な予感しかしない悲しい引きで2クール目の展開が・・・・・・。
    これより下はtwitterの反応まとめ  【四月は君の嘘 第11話  紘子お姉さまが綺麗でカッコいい!でも、かをりの意味深な引きがヤバイ…。(感想)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #10  「君といた景色

    三度変わる演奏の変化がしっかり音と映像で表現されていて凄い!

    公生メイン回だったけど、今回も公生の演奏を見守る者たちの想いに引き込まれるわ。  
    落胆、祈るような想い、喜びや、安堵等、それぞれの立ち位置からくる想いの違いや、演奏の変化とともに一喜一憂する感が表情にすごくよく表れていて、感情移入してしまう。

    椿に関しては公生とかをりの音楽を通したやりとりを傍で見ているしかない感が切ない。といっても、かをりの方もいろいろ背負ってる事情を想像してしまってキラキラ感に浸れなくて…複雑な気分になるけど。

    そんななか、絵見に関しては、最後の嬉しそうな顔とかただただニヤニヤできて、ちょっとホッとできる存在かもw
    これより下はtwitterの反応まとめ (▼←この記号で挟んでる部分は管理人追加→▼) 【四月は君の嘘 第10話  アゲイン再び! 三度変わる演奏!(感想)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #9  「共鳴

    見てるのもキツイ、トラウマ回想回だけど、容易に抜け出せない理由が納得というか理解できる重要な回だった。

    それにしても、公生の演奏を見守るかをり、椿、絵見、武士それそれの公生に対する見方や願いが四人ともそれぞれ微妙に異なっていて、それが表情の違いにしっかり表現されていて見てて面白いし良いわ。

    これより下はtwitterの反応まとめ 
    【四月は君の嘘 第9話  辛いトラウマショタ回想!(感想)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #8  「響け

    専門的な事は良く分からないけど、聞いてて訴えかけてくるというか、涙が出そうになるというか、演奏シーンはとにかくヤバい。

    それにしても、武士と絵見にとってどれだけ公生が大きな存在かってのがこれでもかってほど伝わってきた回だった。公生に対して惹かれている箇所はそれぞれ違うのだけど、いずれにしろ二人の人生を変えるほどの影響を与えた公生は、人の心を動かす凄い何かを持った演奏者なんだろうなー。

    かをりの出番ほとんどなかったけど、最後の呟きはやっぱちょっと意味深というか、印象に残るわ。

    これより下はtwitterの反応まとめ 
    【四月は君の嘘 第8話 公生大好きっ子二人による演奏がすげえええ!!!(感想)】の続きを読む

    このページのトップヘ