アニメっこねっと

アニメを見た自分の感想とネット上(Twitter等)の反応。

    カテゴリ:2014年秋アニメ > 四月は君の嘘

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #7  「カゲささやく

    今週演奏かなと思ってたら、そうか、その前に美しい公園シーン!!

    あらためて、かをりって公生の事を本当によく見てるなぁ、ずっと気にかけてるよなぁと思わされる回でしたわ。

    そして、ライバル登場回! と言っても幼い頃から公生を意識し続けてきた
    武士と絵見とは違い、公生の方はこれまでは二人のことなんて全く目に入ってなかったような状態だけどw

    これより下はtwitterの反応まとめ 
    【四月は君の嘘 第7話 公生を意識し続けてきたライバル二人が遂に登場!(感想)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #6  「帰り道

    誰の立場に立って見ても色々思うところがあって切ないし、泣きそう。

    幼い頃の公生と椿、ごめんねと言って涙を流したかをり、公生におんぶされた状態で泣いた椿、それぞれ流した涙の理由は違うけれど、泣き顔自体にも凄くインパクトがあって印象に残るシーンが多い回でもあった!

    でも、とりあえず今週のメインは椿。自分の気持に気づいた時には……すでに色々と取り返しがつかないかもしれない状態にあって、ツラい。

    先輩と付き合う選択に至るまでの気持ちの動きも、その後の感情の動きも丁寧に描写されてるから、感情移入できるしね。

    ただし次回は、切ない展開は置いておいて新キャラ二人の演奏に注目かな?!

    これより下はtwitterの反応まとめ 
    【四月は君の嘘 第6話 自分の気持に気づいた時にはすでに取り返しがつかない状況かも…みたいな感じはやっぱり泣ける(感想)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #5  「どんてんもよう

    ううううう。二人のヒロイン、かをりと椿の繊細な表情の変化や、公生の前で見せる表情とそうでない時の表情の差にも引き込まれ、切なくなる。

    椿を気にかける柏木さんや、公生とは対照的な渡も良い味と、良い表情をしていて、魅力的。

    演奏ない回も、素晴らしいわ。

    これより下はtwitterの反応まとめ 
    【四月は君の嘘 第5話 動き出した公生の笑顔が眩しい! でも、椿の不安、曇天具合は切なく、かをりには嫌過ぎるフラグ!(感想)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #4  「旅立ち」

    はぁ、演奏シーンは今回も息止めて見入ってしまう感じ。

    セリフも、刻々と変化する心情描写も良いわ。

    それに、2人が揃って楽しそうに、キラキラしながら演奏しているだけでなんか涙が滲んでくる!

    あと、もう一度ピアノを弾いている公生を見て喜んでた椿が、公生とかをりだけの世界というか、輝きを見て、その笑顔が固まる描写も切なくて、うううううってなる。

    これより下はtwitterの反応まとめ 
    【四月は君の嘘 第4話 公生とかをりの殴り合うような演奏素晴らしい! でも倒れたぞ!!!!(感想)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #3  「春の中」

    今回はとにかく宮園 かをりが涙を見せるシーンが印象的。

    最初から、かをりはずっと、公生にこだわってるよね。
    そして「私がいるじゃんっ!」「君がいいの」という言葉に加えて、あの涙には、公生も動かされないわけにはいかない!

    ただし、原作を読んだ時も思ったけど、ヒロインが何か重大な問題を抱えている。と、嫌な予感を感じさせるシーンでもあるんだよなぁ。

    でも、とりあえず、次回の演奏に期待!

    これより下はtwitterの反応まとめ 
    【四月は君の嘘 第3話 ヒロインの涙と言葉が公生を動かす!(感想)】の続きを読む

    このページのトップヘ