アニメっこねっと

アニメを見た自分の感想とネット上(Twitter等)の反応。

    カテゴリ:2015年冬アニメ > ユリ熊嵐

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #7  「私が忘れたあの娘

    ようやく銀子のことを大切な友達だったと思い出したけど、なかなか幸せな展開には向かいそうにないね。

    問題は、銀子が過去にしでかした罪が何なのかだけど、ユリーカ先生は、澪愛のペンダントを持っているクマ(銀子)が、お母さんを殺した仇だよっていう風に誘導してるようにみえる、でも……

    お母さんがまだ健在で絵本を読んで聞かせてあげてる段階で、紅羽は銀子のことを忘れてるんだよなぁ。
    お母さんを銀子が食べてしまってそのショックで記憶喪失という時系列じゃなく、母親が死ぬ前に銀子を忘れてしまうような「銀子の罪」って一体なんだろうか。

    銀子と紅羽の出会い方自体も色々謎だし。うーーん、続きが気になるわ。

    これより下はtwitterの反応まとめ
    【ユリ熊嵐 第7話 紅羽と銀子のことを喜ぶるるが可愛くて癒される! でも幸せな展開はこないのだろうか!!(感想)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #6  「月の娘と森の娘

    純花が想像していたよりずっと強い子だった。

    その純花の手紙が針島たちの道具として利用されそうになってから、本当の意味で紅羽への最後のプレゼントになる流れはすごく良い展開。

    でも、銀子が純花を見殺しにする事で「罪」を犯していたとは……いつになるか分からないけど、紅羽は銀子の罪を知る事になるんだろうし、その時紅羽が銀子を許せるとは思いづらいし、目が離せないなぁ。

    加えて、今までの発言を考えると銀子は子供の時に紅羽と出会ってた時点でも、すでに何か「罪」を犯してる気がするし、まだまだ色々大変なことがありそうだ。

    あと、先生はすごく怪しいんだけど、個人的には怪しいと思わせるミスリードのような気もするなぁ。

    これより下はtwitterの反応まとめ
    【ユリ熊嵐 第6話 最後に感動的なままは終わらない事実が明らかに!(感想)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #5  「あなたをヒトリジメにしたい

    設定上の縛りとかルールとかそれぞれの思惑とか過去とかどんどん分かる部分や想像できる要素が増えてきて楽しい。

    それにしても銀子の脳内がこんなに可愛いヘンタイだったなんてwww
    銀子とるるのコンビにどんどん愛着がわく。

    でも、そうやって素が見えてきただけに余計にラストが衝撃的、次回が気になる。

    これより下はtwitterの反応まとめ
    【ユリ熊嵐 第5話 銀子ってこんな子だったのwww って見てたら衝撃的展開!(感想)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #4 「私はキスがもらえない

    「愛」と書いたダンボールにみるん王子を詰めて何度も何度も捨てたるるの複雑な想い。

    『わたしは最初からあなたが大嫌いで 最初からあなたが大好きだったんだ』ってのが、胸に沁みた。

    まだわけわかんないよって部分もいっぱいだし、理解したつもりの部分も自信はなかったりするけど、るるの動機が分かって、るるに切なさを感じられるようになっただけで最後まで見続けられるわ。

    これより下はtwitterの反応まとめ
    【ユリ熊嵐 第4話 るるの過去が! 失ったものを忘れたら、本当に失ってしまうよ!(感想)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    #3  「透明な嵐

    「透明の嵐」が、何を意味しているのかが明らかになった回って事でイイのかな。

    それと、好きの対象はそれぞれ違うけれど、紅羽だけでなく、銀子とるるも「好きを諦めない」「透明には、ならない」子たちというのが強調されていた感じ。

    で、銀子とるるは、あのユリ裁判で毎回紅羽を助けようとしている、と。

    でも、そんな銀子とるうも「人は食べる」んだよね?! 赤江カチューシャさんを食ったし、鬼山江梨子も今から食ってやる、と???  「食べる」が、別の何かを表す比喩なのか、本当に喰ってるのかはまだ良く分からない?! 

    これより下はtwitterの反応まとめ
    【ユリ熊嵐 第3話 空気を読まない奴は悪だからな!(感想)】の続きを読む

    このページのトップヘ